ホーム> 歯の基礎知識

歯の基礎知識

歯周病の原因は、歯と歯ぐきのすき間の歯垢。

歯周病

歯周病は、歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。 歯と歯ぐきの境目に付いた歯垢から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していきます。 歯磨きを怠って歯垢が増えると、歯周病の原因になります。 歯ぎしりや、タバコ、合っていない歯の詰めものやかぶせものなども歯周病の原因となります。

●歯石と歯垢(プラーク)・バイオフィルム(細菌の塊の集合体)

歯石とは、歯の表面の食べかすや微生物などに、唾液中のリン酸カルシウムが作用してできた硬い石状のものです。 歯垢は口腔内にあるネバネバした細菌の塊で、歯間や歯ぐきの境目などに特にたまりやすくなっています。 細菌の塊は、さらに集合体(バイオフィルム)となり付着します。

◆ 歯を失う最大の原因 《歯周病》

歯周病

統計によると、35歳では80%以上の人が歯周病と言われています。 しかし、これは35歳になってから突然、歯周病になるわけではありません。 実は、10代から少しずつ進行していき、20数年の歳月をかけて、歯周病菌が歯ぐきをゆっくりと侵し、歯ぐきから血が出るという自覚症状が出る30代の頃には、すでに歯肉炎・歯周炎になってしまっています。 歯周病は虫歯と違ってほどんど痛みがないため、気がついた時には抜歯を余儀なくされることも多い、とても怖い病気です。

◆ 歯周病の主な症状

これらは歯周病の主な症状です。心当たりがあったら、まずは歯科医院で診察を受けましょう。

診療時間

■診療日/月〜土曜
AM9:00〜PM1:00
PM2:30〜PM6:00

■休診日/日曜・祝日

外観

住所

栃木県宇都宮市元今泉
7-30-19
TEL:028-661-1030

診療案内はこちら