ホーム> インプラント治療> 信頼と実績で安心の治療> CT診断で安全な治療

最新のCT機器を導入 シミュレーション手術も可能です

世界でもっとも評価の高い・コンピュータ診断システム
【 シロナ社の最新型・CT機器を導入 】

当院では1997年より、CT機器を完備している他の施設に患者様が出向いて撮影したデータを元に、Sim/Plant(シンプラント)というCTの三次元ソフトを用い、院内での診断・手術を行ってきました。 2008年、CT機器を完備したことで、CT撮影、診断、手術までを当院内のみで行えるようになり、患者様の負担も減らすことができるようになりました。

シロナCT シロナ

わずかな放射線量の3Dスキャンを1度行うだけで、口腔、顎顔面全領域の撮影が可能です。 スライス幅0.125mmという細かなピッチで撮影された詳細なデータを、短い時間で再構成し、高解像度の画像として映し出すことができます。 3D、パノラマ、断層撮影などあらゆる表示方式に対応しています。

シロナ シロナ シロナ

CT撮影は歯科治療全般において、さまざまな診断に応用ができますが、インプラント治療においては、特に、より確かな精密な診断を行う必要があるためCTによる撮影は不可欠です。 歯科用レントゲンで得られるのは二次元の平面画像なので、形や大きさ、距離や位置関係などを正確に把握することが困難です。 一方、CT撮影では、目的の部位を水平、垂直、斜めと三次元に表示できます。 患者様のインプラントの埋入部分の骨の状態を、事前に正確に把握することはもちろん、傷つけることの許されない神経の位置も確認できます。 CTデータを解析し、立体的に手術予定部位の状態を知ることは、科学的根拠に基づいた診断による安全な手術につながります。 また、データをデジタル処理することで、コンピュータ上での手術シミュレーションも可能となります。 患者様にとっても、CT画像を使い視覚的にも分かりやすい説明を受けられることで、ご自身の治療に対しての理解度が高まり、安心して治療を受けることができます。

インプラントロジー 1999年~2000年にかけて、インプラント専門誌「クインテッセンス・デンタル・インプラントロジー」に「失敗しないための画像診断」と題した院長の論文が掲載されました。 当時は、まだインプラントの治療が一般的ではなかった時期ですが、院長は早い時期からCT画像による診断の重要性に着目していました。 もちろん現在に至るまで、診療には積極的にCT撮影を取り入れております。
※2008年7月には、歯科医師向けに「CTを用いた診断」について、講演も行いました。

【専用オペ室と感染管理】 のページへ

診療時間

■診療日/月〜土曜
AM9:00〜PM1:00
PM2:30〜PM6:00

■休診日/日曜・祝日

外観

住所

栃木県宇都宮市元今泉
7-30-19
TEL:028-661-1030

診療案内はこちら