ホーム> インプラント治療> 信頼と実績で安心の治療> 高信頼性のインプラント素材

高信頼性のインプラント素材

バイオホライズン・インプラント

当院では、常に新しい情報に耳を傾け、長年の経験や実績に基づいて信頼性の高いインプラントメーカーを選んで使用しています。2012年からは《バイオホライズン・インプラント》による治療を始めました。

インプラントの材料であるチタンは、1952年にスウェーデンの学者ブローネマルク教授により、骨の組織とよく結合することが発見されて以来、インプラントの素材に使われています。しかし、歯肉とは結合しないことが欠点でした。インプラントと歯肉が結合しないことで、インプラント上部にポケットが形成され、インプラント周囲炎に進行するケースがありました。このような状態になってしまうと、骨の吸収が始まり、インプラント本体の定着が損なわれてしまいます。現在、当院で使用している《バイオホライズン・インプラント》は、この欠点をカバーする画期的なレーザーロック(特許取得)という構造により、高い定着率を実現しています。インプラント上部にレーザーにより精密にエッチングされた細胞の大きさの連続したチャンネルを施すことで、歯肉組織への定着維持を可能にしています。

この《バイオホライズン・インプラント》を使用した手術(2012年3月以降)において、当院では100%の定着実績をあげています。

【CT診断で安全な治療】 のページへ

診療時間

■診療日/月〜土曜
AM9:00〜PM1:00
PM2:30〜PM6:00

■休診日/日曜・祝日

外観

住所

栃木県宇都宮市元今泉
7-30-19
TEL:028-661-1030

診療案内はこちら