ホーム> インプラント治療> インプラント治療とは?

インプラント治療とは?

インプラントの構造

今までの歯科治療では、例えば、一本の歯を失った時、その両側にある健康な歯を削り、ブリッジ(橋)のように人口の歯をかぶせる、従来のブリッジと呼ばれる治療法や、取替え式の部分入れ歯等が多く用いられてきました。 しかし、この治療法の場合には、咬み合わせの不安定さや、隣の健康な歯を削らなければならないなど、多くの問題がありました。 20年ほど前から日本でも導入されるようになった〈インプラント治療〉。 この治療は、「人工歯根療法」とも言われ、顎骨内の失ってしまった歯根があった位置に、人工的な金属の土台を埋め込み、その上に人工的な歯を固定させるという方法です。

インプラント

インプラントの図解
歯の抜けた部分に隣接する2本の歯を削る必要がない。
周囲の歯に負担をかけることがない。
骨にしっかりと土台を埋め込むため、安定がよく、天然の歯と同じような咬み心地。
外見上の不自然さがない。
自分の歯と同じように歯磨きするだけなのでお手入れが簡単。
×
保険適用外のため治療費が高い。
×
手術を行わなければならない。
×
インプラントと骨との結合を待つため治療期間がかかる。

ブリッジ/入れ歯

ブリッジ・入れ歯の図解
保険適用のため、安価。
治療期間が短くてすむ。
×
土台が不安定なため、装着感が悪く、咬む力も弱くなる。
×
清掃がしにくいため、虫歯になりやすく、口臭の原因にもなる。
×
ブリッジの場合、隣接する歯が健康でも2本の歯を削らなければならず、削られた歯は人工歯の支えとなり、負担がかかる分、早期に歯を弱めてしまう。
×
固定用の針金が見えて、外見が不自然。

インプラントは、歯根が失われたままの状態で治療を行うブリッジや入れ歯と違い、人工的に歯根を再現します。 そのため、失った歯が1本だけの場合だけでなく、数本失ってしまった場合や、まったく歯がない場合など、幅広いケースに対しての治療が可能となります。 そのため、若い時のような健康な歯列を再現する事ができます。

当院では、ブリッジなどのために健康な歯を削るということは、できるだけ避ける方法をご提案しています。 骨の場合なら、骨折しても一定期間ギブスを装着することで再生しますが、天然歯の再生は不可能です。 健康な歯は傷つけず、そのままの形で残すことを心がけています。

インプラント治療例へ

口腔内写真を使って治療例をご説明しています。

診療時間

■診療日/月〜土曜
AM9:00〜PM1:00
PM2:30〜PM6:00

■休診日/日曜・祝日

外観

住所

栃木県宇都宮市元今泉
7-30-19
TEL:028-661-1030

診療案内はこちら