ホーム> インプラント治療> 骨移植について

骨移植について

歯槽膿漏や虫歯で歯を失うと、歯ぐきが痩せたように見えますが、これは歯を支えていた「骨」が溶けてしまうことが原因です。 このような場合、骨や歯ぐきを移植することで、元の健康な状態に戻すことができます。 骨移植とは、骨の再生を図る治療のことで、歯周組織再生療法の1つです。

インプラント治療の成功の第一条件は、まずはインプラントを支えるための骨に十分な深さと幅があるかどうかにあります。 それらがあって初めて初期固定が確実なものとなってきます。 特に前歯の治療の場合は、審美性も重要な要素となってきますので、術前の十分な診断が必要となります。 インプラントを固定するための骨がない場合でも、この骨移植という方法で、インプラント治療が可能となります。

《有坂歯科・インプラントオフィス》 骨移植に関しての「約束ごと」

患者様に安心して、安全な治療を受けていただけますよう、以下のお約束をさせていただきます。

骨移植の治療法


骨移植の治療法1

通常、歯が抜けてしばらくすると、歯を支えるという役目を終えた歯の周囲骨は萎縮していきます。

もともと歯根のあった場所にインプラントを埋め込みたいのですが、骨が足りなくなっているために、このままではできません。


骨移植の治療法2

ここで、必要な場所に骨を移植することになります。

移植骨を必要な箇所に貼り付けてピンで固定します。 これが骨移植です。

数ヶ月経過すると、骨折した箇所をギブスで固定すると骨が付くのと同じように、骨が付きます。


骨移植の治療法3

ここでインプラントを埋入します。

インプラントの埋入の時期は、「骨が形成されてから」と「骨移植と同時」の2つの方法がありますが、どちらの方法を選択するかは、状況により判断します。


サイナスリフト:上顎の骨に厚みがない場合に行われる「サイナスリフト」など、難症例にも対応しております。

骨移植治療例はこちら

口腔内写真を使って治療例をご説明しています。

診療時間

■診療日/月〜土曜
AM9:00〜PM1:00
PM2:30〜PM6:00

■休診日/日曜・祝日

外観

住所

栃木県宇都宮市元今泉
7-30-19
TEL:028-661-1030

診療案内はこちら