ホーム> インプラント治療> 最新テクニック

日々進化し続けるインプラント治療 最新テクニック

最新テクニックという形で項目を設けていますが、最新のものほど怪しいものはありません。 結局、飛びついて被害を被るのは、患者様と私たち術者です。 当院では、これまで長くインプラント治療に携わってきましたが、時代とともに消え去った、数多くのテクニックやインプラントを見てきました。 結局、責任を取るのは自分なのです。慎重にならざるを得ませんが、しかし、前には進まなければなりません。 日々、新しいものに目を向けつつも、情報だけに流されることなく、納得し信頼できるものだけを、患者様のために提供していきたいと考えています。

●オールオン4/オールオン6

オールオン4のCT画像
オールオン4のCT画像

オールオン6の症例とCT画像
オールオン6の症例とCT画像

オールオン4(All On 4)とは、全く歯のない状態に対して、4本のインプラントで全ての歯(12本)を支える方法です。 従来、無歯顎(歯の無い人)には「総入れ歯」もしくは、片顎 8本~10本のインプラントを埋入しなければなりませんでした。 オールオン4は、ポルトガルのDr.Paulo Malo(パウロ・マロ)によって開発された最新のインプラント治療法で、固定式の仮歯を治療当日に入れられるため、固定が得られれば、おおむね治療した即日に噛むことができ、食事も柔らかいものであれば可能です。 しかし、残念ながら、オールオン4は、骨の状態や咬みあわせなどの条件により、全ての患者様に適応できる治療方法ではありません。 特に、欧米人と日本人では、骨の状態に違いがあります。日本人の骨は欧米人に比べて脆弱です。 当院では、欧米人と同じ考え方をそのまま日本人に当てはめるのは、大変危険であると考えています。 しかし、オールオン4が難しい場合でも、十分な診断をもとに、オールオン6(6本のインプラントで全ての歯・12本を支える方法)という方法で、より安心のインプラント治療が行える場合もあります。 オールオン4は、以前の8〜10本のインプラントを使用した治療よりも、値段が安く済むという利点があります。 しかし、パウロ・マロ医師のオールオン4の成功率は95%となっています。 以前の8~10本のインプラントを使用した場合の成功率は98~99%。 あなたならどちらを選択されますか?値段ですか?それとも成功率ですか?当院では、オールオン6をおすすめしています。

オールオン4/オールオン6の利点

  • ●オペした当日から噛むことができます。
  • ●インプラントの本数が少なくてすむので従来の治療法と比較して、費用の負担を減らすことができます。
  • ●治療回数や期間が短くてすむので、身体的、精神的ストレスの軽減ができます。
  • ●腫れや痛みを軽減できます。
  • ●審美性に優れています。

●即時荷重インプラント

即時荷重の症例
即時荷重の症例

即時荷重インプラントとは、インプラント手術と同時に仮歯を入れる治療法です。 今までの治療では、通常、インプラント埋入手術から下顎で2~3ヶ月、上顎で4~6ヶ月の期間を置き、骨癒合を待ってから仮歯を入れる方法が一般的でした。 しかし、最近では、埋入手術をしたその日に、固定性の仮歯を装着し、噛むことができる「即時荷重インプラント」という方法もとられるようになってきました。

ただし、この「即時荷重インプラント」は、埋入部位の骨がしっかりしているなど、いくつかの基本的な条件を満たすことが必要で、どの患者様にも対応できるものではありません。 患者様の状態を全体的に見極め、慎重に行うことがとても重要です。 治療が早いこと、食生活への負担が少ないなどの利点の代わりに、リスクを伴う事も認識し、慎重な治療を行うことが求められます。

●フラップレス(無切開)手術

フラップレス(無切開)の症例
フラップレス(無切開)の症例

通常のインプラント手術では、メスを使った歯肉の切開や術後の縫合などが必要でした。 フラップレス(無切開)手術とは、インプラント埋入部位の歯肉に小さい穴を開け、歯肉の切開剥離なしにインプラントを埋入する手術方法です。

これにより、外科手術に抵抗のある患者様の恐怖心を軽減することが可能となりました。 切開や縫合を行わないため、非常に短時間で手術を行なうことができ、切開や糸で縫うことからくる「腫れ」や「痛み」、「出血」が少ないのも特徴です。

ただし、フラップレス手術は、歯肉の上から骨を見ずに行なわれる手術であるため、他のインプラント手術以上に歯科医師の経験や高度な技術が求められ、CT撮影によるシミュレーションなど事前の念入りな診断が不可欠です。

【トラブルの症例】 のページへ

診療時間

■診療日/月〜土曜
AM9:00〜PM1:00
PM2:30〜PM6:00

■休診日/日曜・祝日

外観

住所

栃木県宇都宮市元今泉
7-30-19
TEL:028-661-1030

診療案内はこちら