ホーム> インプラント治療> 信頼と実績で安心の治療> 麻酔科医との連携

執刀医と麻酔認定医による《ダブルドクター手術》

生体モニター

生体モニター

手術中は常に血圧や脈拍数、血中酸素濃度などをチェックしています。

吸引鎮静器(笑気ガス)

吸引鎮静器(笑気ガス)

恐怖心などが薄れ、痛みを感じにくくなります。笑気と同時に酸素の確保もできます。

外科手術時には局所麻酔だけでなく、鎮静薬を点滴により血管内に投与する方法を取り入れています。 この方法は「静脈内鎮静法」と呼ばれ、リラックスした状態で手術を受けることができ、手術中に恐怖心を感じないので、血圧も安定し、出血も少ないのが特徴です。

また、全身麻酔の場合、術後のケアのため必ず一泊入院をしなければならないのに比べ、静脈内鎮静法なら、入院することなく、1〜2時間程度の休息の後、お帰りいただくことが可能です。

執刀医とともに麻酔専門医が全身をモニターしながら、細心の注意を払いながら手術を行いますので、安心して手術を受けることができます。 当院では、積極的にこの「静脈内鎮静法」をおすすめしております。

麻酔医

◆当院の麻酔医

歯学博士 山嵜博義

日本歯科麻酔学会認定医

臨床麻酔学会会員

○平成2年 昭和大学歯学部卒
同大学・歯科麻酔科に入局し、13年間大学病院にて麻酔業務に携わる。

○平成15年、昭和大学歯学部・麻酔科を退職し、有坂歯科・インプラントオフィスのインプラント手術を中心に、麻酔科医として活躍中。

【骨移植について】 のページへ

診療時間

■診療日/月〜土曜
AM9:00〜PM1:00
PM2:30〜PM6:00

■休診日/日曜・祝日

外観

住所

栃木県宇都宮市元今泉
7-30-19
TEL:028-661-1030

診療案内はこちら